見出し画像

ディズニーで出会える、ちょっぴり残念だけどめずらしい 「ライドショット」のレアシチュエーション

ディズニーの達人・みっこさんに聞いた混雑回避テクニック本『ディズニーの待ち時間を劇的に減らす方法』の内容を本日から毎日、少しずつ特別掲載(無料公開)していきます。ならではの楽しみ方も満載です。(『ディズニーの待ち時間を劇的に減らす方法』著/みっこ より引用)


『スター・ウォーズ』ファン必見! 一瞬のこだわり

 かなり詳しい方でも、なかなか気が付かない細かなこだわりもあります。とくにマニアックなのが、ディズニーランドの「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」。
 ご存じ、映画『スター・ウォーズ』シリーズが舞台となっています。乗り場に向かう途中にある大きなスクリーンに映る映像に注目してみてください。
 その中に「スペースポートのライブ映像」というものがあります。画面右下には小さな文字で「LIVE」と表示され、さらにその下に『スター・ウォーズ』の世界で「オーべラッシュ」と呼ばれる記号のような文字で、「→三△1138」と表示されます(近い文字で代用しています)。
 文字はアルファベットに対応しているので変換ができます。すると出てきた文字は「THX‒1138」。
  これは、映画『スター・ウォーズ』シリーズの監督、ジョージ・ルーカスのデビュー作となったSF映画のタイトルです。
 「THX」「1138」という文字は、ルーカスが関わった映画に度々登場します。例えば、同映画に登場する車のナンバープレートは「THX‒138」。後に彼が設立した映画の管理会社の社名も「THX」です。
 『スター・ウォーズ』シリーズにも度々登場するので、それがこのアトラクションにも現れているのですね。
  短い時間しか流れない映像に、小さな文字。さらにこの場所を通る時に映像が流れるかどうかは運次第。
 こんな難しいタイミングに、小さなこだわりが隠れています。

ちょっぴり残念だけどめずらしい 「ライドショット」のレアケース

 パークを訪れた記念に購入するおみやげ。世界にひとつしかない「一点モノ」といえば、本書にも度々登場している、アトラクションの途中に撮影された写真を購入できる「ライドショット」です。
  ディズニーランドでは「スプラッシュ・マウンテン」、シーでは「タワー・オブ・テラー」と「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」で購入する事ができます。
 このライドショット、通常であれば自動で撮影されますが、まれに機械本体にエラーが生じたり、乗車しているゲストが危険行為や公序良俗に反する行為(裸になる等)をした場合、モニターに写真が表示されず購入できない事があります。
 購入する予定だった方は、自分の写真が表示されなかったら非常に残念ですよね。
  この場合、モニターには撮影ができなかった旨が表示されるのですが、アトラクションの個性が出ていてなかなか面白いのです。

  もちろん見ずに済むほうがいいのですが、もしもこの画面が表示されたら、それはそれでかなり貴重と言えるかもしれませんね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

もっと言ってほしい…
2

KKベストセラーズ

出版社KKベストセラーズです。ここでは雑誌や書籍といった本だけではなく、私たちがお届けできる様々なコンテンツを魔球混じりに投げていきます。フォローしてもらえるとググッと上がります。どうぞご贔屓にm(__)m ■HP https://www.kk-bestsellers.com/

ディズニーをもっと楽しむマガジン

十数年、年パスで東京ディズニーリゾートに通い続けるディズニーの達人・みっこさんが教える、意外な楽しみ方やテクニック。他では読めない情報を惜しみなく満載していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。