見出し画像

咲来、紋穂内、比布……珍駅名も楽しい北海道さいはてのローカル線

こんにちは。雑誌『一個人』編集部です。
初見では読めない地名が多い北海道は、珍駅名の宝庫でもあります。鉄道旅行作家の野田隆さんが、「北加伊道」の地名が生まれてから150年目に訪ねた最北のローカル線紀行です。

――――――――――――――――――――


画像1

稚内を出てほぼ2時間、特急停車駅でもある天塩中川あたりから車窓右手に天塩川が見えてきました。蛇行する川の流れに沿って列車はゆっくりと進みます。佐久駅あたりで大きく左に曲がり、東へと向きを変えたのちも地形に逆らわずに左へ右へと車体をくねらせて走ります。筬島駅の手前で天塩川が大きく曲がっているところがあります。対岸には「北海道命名之地碑」が立っていますが、車窓から確認するのは至難の業です。幕末から明治にかけて蝦夷地を探検した松浦武四郎が、このあたりでアイヌの古老に教えられたカイという言葉にヒントを得て北加伊道という名を思いついたと言われています。それから150年、2019年は北海道にとって節目の年となったのです。


画像2


天塩川に沿ってしばらく進むと、宗谷本線全線のほぼ中間地点に当たる音威子府に到着。列車が遅れていたので、運転士が交代すると、慌ただしく発車しました。


画像3


咲来(さっくる)の次は、天塩川温泉駅。といっても温泉の最寄り駅らしい賑わいなど全くなく、短い板張りのホームと小さな待合室があるのみの淋しい駅です。温泉は駅から何とか歩いて行けるところにあるけれど、音威子府駅からバスで行く方が便利とのこと。1日4往復の列車が停まるだけですし、使い勝手がよい列車ダイヤでもないのでまともな利用者は皆無でしょう。温泉の知名度を上げるために駅名としたみたいです。


画像4


豊清水、恩根内(おんねない)と小ざっぱりした三角屋根の駅舎が続き、紋穂内(もんぽない)では、久しぶりに現われた車掌車の車体利用の駅舎が目に留まりましたが、朽ち果てる寸前みたいで悲しい。初野(はつの)を過ぎると周囲が開けてきて、農業倉庫の前を通り過ぎると特急停車駅の美深に到着しました。周辺にある温泉や湿原などの観光スポットの看板が目立つけれど、その中に「走る森林浴トロッコ王国」というのがありました。かつて美深駅から分岐していて「日本一の赤字線」として名を馳せた美幸線というローカル線の廃線跡を利用した観光施設です。


画像5


美深からは、山間部を脱して、ひろびろとした田園地帯を走ります。といっても人家は疎らで、日進駅に停まり名寄川を渡ると名寄に到着。稚内発の列車はここが終点です。運転士さんの予告通り、いつの間にか遅れを回復していて、定時にホームに滑り込みました。同じホームの反対側で待っていた旭川行きの快速「なよろ」には余裕で間に合いました。稚内からほぼ4時間乗り通した各駅停車の旅は終わったけれど、休む間もなく、次の旅が待っていました。


画像6

快速「なよろ」は、北海道のローカル列車ではお馴染のキハ40系ディーゼルカー。快速だから2両くらいはつないでいるのかなと思ったら単行(1両のみ)でした。名寄まで乗ってきたキハ54とは異なり、普通の4人向かい合わせのボックス席。すでに半分くらい席が埋まっていて、好きな場所を選べる状況ではなかったけれど、2つほど空いていたボックス席のひとつを確保。ラッキーなことに進行方向窓側を選ぶことができました。


画像7


稚内行きの特急列車が発車すると同時に、旭川行き快速「なよろ」は出発。冷房のない車両なので、窓を開けると心地よい風が入って来ます。

発車してすぐに進行方向左に注目すると、少し離れたところに黒々とした編成の列車が停まっています。現役ではなくて保存された車両で、蒸気機関車2両の間にマックレー車、ロータリー車という2種類の除雪車をはさんだ面白い編成です。車両の頭文字を取ってキマロキ編成といい、後部にはおまけで車掌車がつながっている。宗谷本線から分岐していましたが、30年以上前に廃止となった名寄本線の線路上に鎮座しています。北国博物館の敷地内で、列車は野外展示品なのです。

名寄の次の東風連駅を通過したので、一瞬、あれっと思ったのも無理はなく、これまで律儀に各駅に停まっていたので、駅が見えると減速して停車するのが当然だったのですが、今乗っているのは快速列車なのです。風連に停まると、3つの駅を通過。名もない小さな駅の様子を観察できないのはちょっと淋しいです。

楽しげな羊のイラスト入り看板が立っている士別に停車。羊のまちだそうです。駅からクルマで10分程のところには「羊と雲の丘」があり、珍しい種類の羊を見ることもできます。


画像8


士別と剣淵の間には、線路に沿って林が続いています。これは厳しい吹雪から線路を守るための鉄道防雪林。このあたりは過湿泥炭地のため植林には適さず、試行錯誤の末、ドイツトウヒを植栽して成功しました。立役者である林業技手深川冬至の名を取って深川林地と呼ばれ、選奨土木遺産となっています。

特急停車駅でもある和寒を出ると、列車は勾配に挑みます。宗谷本線では有数の難所塩狩峠です。列車はエンジンを唸らせながら力強く上って行き、塩狩駅の近くには慰霊碑が立っています。20世紀初頭に起きた列車暴走事故を、自らの体を張って防いだ鉄道員を称えるもので、この話は三浦綾子が小説「塩狩峠」として発表しています。


画像9


塩狩駅を通過し、山越えが終わると比布に停車。「ぴっぷ」とは珍しい駅名です。40年ほど前に、ピップエレキバンという肩こりや腰痛を和らげる医療器具のCM撮影が行われて一躍有名になった駅ですが、今でも覚えている人はどれくらいいるのでしょうか?駅舎は近年建て替えられたやや大きな建物です。

列車は川を渡り、石狩川と知って驚きました。もっと別の地域を流れていると思っていたからです。下りの普通列車とすれ違う永山を出ると、まわりには貨物駅や車両基地が広がります。札幌と旭川を結ぶ電車特急の姿も見えます。この電車を旭川駅まで回送するために、ここからは何と電化区間となっています。しかし、宗谷本線の列車はすべてディーゼルカーなので、架線は宗谷本線にとっては無縁の施設です。


画像10


最後は、複線電化の高架線を走り、旭川駅に到着。しばらく来ないうちに近代的な高架駅に生まれ変わっていました。稚内から各駅停車と快速列車を乗り継いでの旅は、所要時間5時間30分。気の遠くなるような数字ですが、見ごたえのある車窓が連続し、決して飽きることがなく、実時間よりもはるかに短く感じられました。やはり、北海道の列車の旅は魅力的です。それも普通列車に乗るほうが、特急列車で通り過ぎるよりも何倍も充実した旅となると思いました。


野田 隆(のだ たかし)
1952年名古屋生まれ。日本旅行作家協会理事。早稲田大学大学院修了。 蒸気機関車D51を見て育った生まれつきの鉄道ファン。国内はもとよりヨーロッパの鉄道の旅に関する著書多数。近著に『ニッポンの「ざんねん」な鉄道』『シニア鉄道旅のすすめ』など。 ホームページ http://homepage3.nifty.com/nodatch/


「『人生にスパイスを、毎日に発見を』マガジン」良かったらフォローしてください!

・noteオンラインサークル「一個人企画会議室」メンバー募集しています!
一部メンバー以外にも公開していますので、雑誌作りに興味ある方はぜひ
覗いてみてください↓
https://kkbestsellers.net/circle


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
−※#'〓%☓▲❏♥!!
8
出版社KKベストセラーズです。せっかくのnoteなので、ここでは雑誌や書籍はもちろん街金マンガから名店レシピまで…あらゆるコンテンツを魔球混じりに投げていきます。運営は弊社『一個人』編集部。どうぞご贔屓にm(__)m ■https://www.bestsellers.co.jp/