見出し画像

「塵も積もれば山となる」人生の教訓がディズニーのパーク内には散りばめられている

夏休みど真ん中! ディズニーにお出かけする人もいると思います! そんな方々におすすめしたいツウな楽しみ方をここでは披露。こだわりが詰まったトリビア満載のディズニーの達人・みっこ氏の最新作『ディズニーがもっと楽しくなる 魔法のトリビア』に入りきらなかった未収録なネタをこちらで掲載していきます。今回は、“人生の教訓になる言葉”が実はパーク内に散りばめられている、というトリビアを。

パークの中にあるメッセージから学ぶ人生の教訓

 楽しい経験や夢の世界を与えてくれる東京ディズニーリゾート。しかし、楽しい経験だけでなく、「人生への教訓」や「深いメッセージ」が込められている場所も多くあります。 
 さりげない場所にひっそり書かれていたり、アトラクションの出口に書かれていたり…と様々。そんな心に響くメッセージをご紹介します。

■100ドル札の肖像画、ベンジャミン・フランクリンの格言

 パークの中にはジョークやこだわりの物語だけでなく、人生の教訓になる言葉も隠れています。そんな中、有名な「Time is Money(時は金なり)」などの格言を残した、アメリカの100ドル札の肖像画にもなっている、ベンジャミン・フランクリンの言葉がいくつか隠れています。

〇ワールドバザールに刻まれた「塵も積もれば山となる」

 ランドのワールドバザールに入り、左側に曲がると街並みが並んでいます。そこにあるピンク色の建物の二階部分のウインドウには「THE DOUBLE CHECK CO.」と書かれています。
ここは会計事務所。その名の通り、「二重にチェックする」厳しい会計事務所の様ですね。
 そしてその窓の下には「A PENNY SAVED IS A PENNY EARNED(1ペニーを節約する事は、1ペニーを儲けた事)」と小さく書かれています。
これは英語のことわざで「塵も積もれば山となる」の意味。厳しい会計事務所らしく、堅実さが伺えるキャッチコピーです。

〇村の生活の厳しさを物語るペグおばさんの姿勢

 ケープコッドにある、「アーント・ペグズ・ストア」。文字通りペグおばさんが経営する村の雑貨店です。このストアに入って、右奥の白い棚の上にはタペストリーの様なメッセージがあります。
 ここには「An empty bag cannot stand upright(空っぽの袋は直立しない)」と書かれています。直訳すると意味が分かりにくいのですが、これは「中身が無ければ上手くいかない」と言うことわざ。
 小さな漁村で厳しい生活を送るペグおばさんにとって、「蓄えは必須」という事が表現されているのですね。こうした格言が静かに刻まれているのもディズニーらしいこだわりです。

時間が経てば経つほどその意味が強くなるジョークがある

 パークに散らばる様々な細かなストーリー。小さなものから大きなものまで、そして誰もがすぐに気がつくものから、ちょっと調べないとわからないものなど様々です。

 これらのものはパークを楽しむ上では知っていても役には立ちませんが、その看板やプレートに書かれた意味を知ると、隠された物語が見えてくる場合もあります。

 その場所は、ショップ「スチームボートミッキーズ」がある建物の裏側部分。このエリアを流れる河、「ハドソンリバー」の方を向いている建物です。この古びた建物の上部には「THE NORTH STAR PHOSPHORUS CO.」(ノーススターホスホラス株式会社)と書かれた広告があります。

 これは元々古い建物として演出されているため、この広告は非常に薄くて見えにくいのですが、よく見ると「海上で傾いた船」と、その左側には「丸い光の様な物」が描かれています。

 そして、その会社名の下には「distressed(遭難した!)」、「Do not Forget(忘れてはなりません!」)、「Waterproof Signal Rockets(防水信号弾)」、「turning night into day(夜を昼に変えて)」という文字がありますが、近づかないとよく見えません。

 こちらの会社は、船舶の緊急時に発する信号弾などを扱う会社。ただ、これだけなら、英語が少しできる方なら見ればわかるお話です。しかし、ここにも隠れたジョークが…。

 この信号弾は一般的に、緊急時に発する重要な信号弾であり、その宣伝文句にもあるように「夜を昼に変える」程度の明るさが必要である事は言うまでもありません。しかしながら、そんな明るさを求める事が重要であるのにもかかわらず、この会社名は「NORTH STAR PHOSPHORUS(北極星・リン)」。

 まず北極星は誰もが知る道しるべになる重要な星。ただ、星の明るさとしてはさほど明るい部類ではなく、むしろ全体から見れば光が弱い部類。そしてPHOSPHORUSは「リン」の事。これは原子番号15の元素で、「青白い光を発する物質」の事です。

 ここには「できるだけ明るいイメージの社名をつけるべき」なのに、逆に「弱々しい光」を会社名にしてしまっている、という小さなジョークが隠れているのですね。

 更に、名前だけでなく、この壁に書かれている船と信号弾の絵はかなり薄く、そして弱々しく書かれている様にも見えます。

 こうしたパーク内の看板や建物等の演出は、どうしても経年劣化でリアルに薄くなって行きますが、こちらは「薄くなればなるほど、そのジョークが活きてくる」という珍しいパターン。あまり見ない建物の裏側ですが、ぜひ探してみてくださいね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あざます!
4

KKベストセラーズ

出版社KKベストセラーズです。ここでは雑誌や書籍といった本だけではなく、私たちがお届けできる様々なコンテンツを魔球混じりに投げていきます。フォローしてもらえるとググッと上がります。どうぞご贔屓にm(__)m ■HP https://www.kk-bestsellers.com/

ディズニーをもっと楽しむマガジン

十数年、年パスで東京ディズニーリゾートに通い続けるディズニーの達人・みっこさんが教える、意外な楽しみ方やテクニック。他では読めない情報を惜しみなく満載していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。