見出し画像

金儲けとは「時間」??? 新装版『ユダヤの商法』9刷突破しました。


【9刷6万5000部御礼】
藤田田さんの『ユダヤの商法』9刷決定いたしました。
●単著総計285刷突破
●単著累計89万2000部突破
●田さんシリーズ累計103万部突破

GHQの下士官からユダヤ人4000年の教えを学んだ藤田田さん。
普遍的な「金儲け」の法則、いまだにその輝きは褪せません。
もちろん、時代の流行に削ぐわない法則もありますが、
概ね、金儲けの本質は、大正15年生まれの田さんと、令和2年に生まれた子供でも「不易(ふえき)」です。
改めて読み返してこの法則で問われていることは何なのか。
(1)お金は節約して貯めれば貯まる。
(2)貯めた原資を活かしながら貯める。
(3)さらにそのお金を複利で活かす。
(4)では、なぜ、それが「できない」のか?
(5)知っているのになぜ「できない」のか?
(6)答えは出ているのに「できない」のか?
(7)ユダヤの商法の骨法はその「できない」自分と向き合うことが「できる」定石をなんどもなんども「教えて」くれるのです。
で、最後にこうきます「金儲けなんて誰でもできる!」
一瞬「できる」気がします。この「感じ」を持続できるかが「できる」鍵なのかもしれません。
見方を変えれば、「できない」を「できる」に変換持続させる、もうお気づきかもしれませんが、本書の肝心な要点、テーマは、「時間(じかん)」の使い方の指南書だということが見えてくるはずです。
ユダヤの商法23・・・「時間は商品——時を盗むな」
ユダヤの商法24・・・「不意の客は泥棒と思え」


お金で買えないプライスレス・誰にも差別なく等しく与えられているリソース=時間

本書は、同じ時間を人と異なり最大化するための時間論でもあるそう、ナニワブシで描かれた「哲学書」でもあったんですね。
お金とはお金で買えないもの、その文化性をくりこんだゆえに深い価値になるような気がします。
田さん、改めて唸りました。。。

ユダヤ9784584139004.MAIN


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アナタイイヒトデスネ!
5
出版社KKベストセラーズです。ここでは「本」だけではなく、私たちがお届けできる様々なコンテンツを魔球混じりに投げていきますので「良い!」と思う記事があったらぜひ「良い!」と言ってください。どうぞご贔屓にm(__)m■ https://www.kk-bestsellers.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。