歴史まんが_新日本縄文書記_本文_ページ_40

縄文ブーム過熱中!? 新刊の歴史エンタメ漫画『新日本縄文書紀』を一部公開

発売したばかりの新刊『まんが 新日本縄文書紀』を一部公開!!

昨今「土偶女子」などと称される若い女性を中心に、「縄文ブーム」が起こっている。昨年開催された東京国立博物館(東京・上野)特別展「縄文―1万年の美の鼓動」の入場者は、35万人を突破した。そんな中、縄文晩期を舞台とする小説『天孫降臨』(花伝社)を原作とする歴史エンタメ漫画が本書である。入念な古代史研究に基づく、もう一つの立国史。集落を導く「日輪の神の巫女」、ポポ。大陸からの来襲に立ち向かう「大王」、タケ――、日本に国が誕生するまでを描いた本格縄文エンタメ小説『天孫降臨』を漫画化。難しい古代史研究の内容をビジュアルで学べ、小説としても楽しめる学習漫画。漫画は、『女性自身』で連載し人気を博した『時遍路』の竹姫。

2019年4月20日発売
『まんが 新日本縄文書紀』
(原作・信太謙三/漫画・竹姫 KKベストセラーズ)を一部公開。

最初から読みたい方はこちらをクリック




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

なんとっ!
3

KKベストセラーズ

出版社KKベストセラーズです。ここでは雑誌や書籍といった本だけではなく、私たちがお届けできる様々なコンテンツを魔球混じりに投げていきます。フォローしてもらえるとググッと上がります。どうぞご贔屓にm(__)m ■HP https://www.kk-bestsellers.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。