名称未設定_3

【 ♯無料公開】『701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法』著/みっこ④  ーおすすめ花火鑑賞スポットー

子供はもちろん大人が夢中になれる夢の国・ディズニーシー。世界初、「海」をテーマにしたディズニーパークとして誕生し、今年9月には18周年を迎えます。ディズニーシー・マニアのみっこさんが、十数年間にパークに通って集めた、細かな雑学や効率的な楽しみ方、意外に知られていないテクニックやトリビアが詰め込まれた本『701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法』を、今日から特別掲載(無料公開)していきます。「ワンランク上のディズニーシー」の楽しみ方を発見してください!
※本書の内容は2016年4月15日現在の情報をもとに構成しています。また、この内容は筆者独自の取材や見解に基づくものであり、公式のものではありませんのでご了承ください。
【隔日18:00に更新】

おすすめ花火鑑賞スポット

真夏に開催されないこともある

 パークの夜空を彩る花火は、誰でも平等に楽しめるプログラムのひとつ。クリスマスやハロウィーンなどの季節のイベントに合わせて、プログラムの名称やBGMが変わったりします。季節ごとに花火の色合いや形が変化するのも、見どころです。
 ほぼ一年を通じて開催されていますが、近年は風向きの関係から、真夏の時期は開催されないことがあります。夏の風物詩である花火ですが、見られないこともあるのでご注意を。また、冬の閑散期の平日などゲストが少なくなる時期は、週末のみの限定開催になる場合もあります。

どこでも見えるランド、見えない場所が多いシー

「ディズニーランドの花火」といえば、シンデレラ城の背後に打ち上がるシーンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ランドでは高い障害物が少ないので、広範囲で花火を鑑賞できます。
 しかし、シーの場合そうはいきません。高低差があり、建造物が多いため、音は聞こえるのに、肝心の花火が見えないことがあります。

シーで花火が見えにくい場所

・ミラコスタ周辺(ミッキー広場前から「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」前付近)
・アメリカンウォーターフロント(建物が多い)
・マーメイドラグーンの海底エリア(完全屋内)
・ミステリアスアイランドの北側(ヴォルケイニア・レストラン周辺)や洞窟内
・ケープコッドにある「ケープコッド・クックオフ」周辺
・ポートディスカバリーにある「ホライズンベイ・レストラン」周辺

周りに障害物があっても、わずかに移動すればすぐに花火を確認できるランドに対し、シーの場合は、かなり移動しないと見えないケースが多いです。花火を見たいなら、開始時刻前後はこれらの場所から離れましょう。
 「ハーバーの南側」付近であれば、ほぼどのあたりからも見えますので、リドアイルや、ポンテ・ヴェッキオ橋の近くにいれば問題ないと思います。

小さな子ども連れでも楽しめる場所&方法

悪天候でも問題なし!

 小さなお子さんがいる場合、一番安心して楽しめるエリアがマーメイドラグーン。
 屋外エリアにある小型ジェットコースターの「フランダーのフライングフィッシュコースター」は、3歳以上が対象ですが、ライド(乗り物)にひとりで座ることができれば乗ることができます。
 また、地下部分にあたる「アンダー・ザ・シー」のエリアは、完全な屋内施設です。冷暖房完備で、悪天候の影響もまったくなく、真冬や真夏でも快適に遊ぶことができます。
 その名のとおり「海底」をイメージしてつくられており、海草や海の生物など、さまざまなモチーフが使われています。お子さんでも安心して楽しめる、マーメイドラグーンのアトラクションは以下のとおりです。

屋内エリア(アンダー・ザ・シー)
・ジャンピン・ジェリーフィッシュ(補助なしで座れない子は利用不可)
・ブローフィッシュ・バルーンレース(補助なしで座れない子は利用不可)
・アリエルのプレイグラウンド(利用制限なし)
・マーメイドラグーンシアター(利用制限なし)
・ワールプール(補助なしで座れない子は利用不可)

屋外エリア(アバブ・ザ・シー)
・フランダーのフライングフィッシュコースター(3歳未満利用不可)
・アリエルのグリーティンググロット(利用制限なし)
・スカットルのスクーター(補助なしで座れない子は利用不可)

 また、まだよちよち歩きの小さなお子さんの場合におすすめなのは、「スターフィッシュ・プレイペン」という場所。ここは床が柔らかいスポンジ状になっている場所で、靴を脱いで上がります。海の生物の形をした、スポンジの柔らかい積み木などで遊ぶことができます。
 ここはめずらしく、「逆年齢制限」があり、7歳未満の子どものみが利用できます。ただ、厳格に入場整理されているわけではありませんので、まだ赤ちゃんに近いお子さんは注意してください。
 また、この奥のエリア「マーメイド・シースプレー」という場所は意外な穴場。動物の人形から、不規則に水が出てくる遊び場です。しかも噴き出す量は結構多め。特に夏の時期は着替えを持参して、お子さんを遊ばせてもいいでしょう。
 マーメイドラグーンは午後から混雑してくる傾向があります。比較的空いている午前中の早めの時間帯に行くのがおすすめです。

シーには子どもも安心なアトラクションが充実

 マーメイドラグーン以外なら、次のアトラクションもおすすめです。小さなお子さん(主に未就学児以下)でも、ほぼ100%、安心・安全に楽しめるはずです。

ヴェネツィアン・ゴンドラ
ゆっくりと進む船の旅。ただし夜になると子どもは怖いと感じる可能性も。
ビッグシティ・ヴィークル
歩くくらいの速度で進む自動車でパークを周遊。季節によっては、複数コースがあるので確認を。
トイ・ストーリー・マニア!
ライド(乗り物)が回転する場面があるので、ひとりで座れない子は注意を。
ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ
高架電車の旅。移動時間は短いのですぐに終わってしまう。
ディズニーシー・トランジットスチーマーライン
「片道運行」と「パーク1周」コースがある。ケープコッドからの1周がおすすめ。
タートル・トーク
亀のクラッシュと話ができる。会話ができない小さなお子さんでも楽しめる。
キャラバンカルーセル
いわゆるメリーゴーランド。子どもには、ジーニーがついた乗り物の人気が高いので早めに並ぶほうがいい。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

救われます
出版社KKベストセラーズです。ここでは雑誌や書籍といった本だけではなく、私たちがお届けできる様々なコンテンツを魔球混じりに投げていきます。フォローしてもらえるとググッと上がります。どうぞご贔屓にm(__)m ■HP https://www.kk-bestsellers.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。