見出し画像

春にピッタリのワインと料理で、暖かな春風とともに家飲み

こんにちは。雑誌『一個人』編集部です。
すっかり春の陽気になり、おうちごはんもなべ料理や煮込み料理から春野菜など素材を楽しむ料理が並ぶようになったのではないでしょうか?
ワインも重めより軽めのものを飲みたい気分になったのでは?
そこで、春にオススメのお料理とワインをご紹介します。

——————————————————————

いらっしゃいませ。大阪のワインショップ「mista」で店長をしている、ソムリエの竹内香奈子と申します。

ポカポカ陽気が気持ちいいこの季節。テラスでランチをするのに最高の時期ですね。そこにワインがあったらより一層楽しくなると思いませんか?

そこで今回は、ランチにテラスで飲みたいワイン、春の食材に合うワインなど春にオススメのワインをご紹介します。また最近、飲食店の方から春に合うワインある? という質問が多いのでここで、ご紹介しておきますね。

テラスで飲みたいワイン

レストランのテラス席での食事が気持ちいいこの季節。太陽を浴びながら心地よく風を感じ、まったりとワインを飲んで休日ランチを過ごす・・。最高じゃありませんか!

そんなシチュエーションにぴったりなのは、爽やかな白ワインや軽めの赤ワイン。ちょっとだけ発泡性のあるワインもいいですね。暖かくなると冷たい飲みものやさっぱりとしたものが恋しくなりますよね。

昼飲みなので、アルコール度数は軽めなものがオススメです。お昼は肝臓が活発に動いているし、夜に飲むより酔いが早くまわります。氷を入れたり炭酸水で割って飲むのもオススメです。

春の食材に合うワイン

春といえば、菜の花、アスパラガス、タケノコ、そら豆、ほたるいか、桜えび、初ガツオなどがありますよね。

調理法や調味料によって合うワインは変わってきますが、おおまかにそれぞれの食材に合うワインの特徴をご紹介します。


春ワイン1
ホワイトアスパラに合うワインは、「香り」に注目
・菜の花、アスパラガス
野菜の青さを感じる菜の花やアスパラガスには、ハーブや青草の香りを持つソーヴィニヨン・ブランが相性抜群です。

ソーヴィニヨン・ブランの爽やかな味わいが、菜の花やアスパラガスの味わいを引き立ててくれます。菜の花に感じるほのかな苦みとソーヴィニヨン・ブランに感じる苦みがマッチします。ソーヴィニヨン・ブランは他に、山菜ともよく合います。

ただし、この写真のホワイトアスパラのようにミモレットがかかるとコクのあるシャルドネがよく合います。チーズによりコクがでるからです。

・タケノコ、そら豆
シャキッとした食感と瑞々しいタケノコは、ミネラルの豊富なシャルドネと相性抜群です。ミネラルが豊富でボリュームのあるシャルドネが、タケノコの旨みと香りを引き出してくれます。また、そら豆のほっこりとした甘みも引き出してくれます。

春ワイン2

臭みを感じやすいホタルイカに合うワインは?
・ホタルイカ
 ワインと合わせるとき、ちょっと間違えると臭みを感じてしまうホタルイカ。ホタルイカのワタと上手に合わせるには、スパイシーな赤ワインがオススメ!  ローヌのシラーと相性抜群です。


春ワイン3

・桜えび
ミネラルがたっぷりある桜えびには、ミネラルの豊富なワインがぴったりです。シャルドネリースリングと相性抜群です。シャルドネ主体のシャンパーニュスパークリングワインともよく合います。


カツオは赤身の魚、赤身の魚に合わせるならやっぱり……
・初ガツオ
カツオの血合いにはタンニンがよく合います。タンニンのしっかりある赤ワインと相性抜群です。一般的にタンニンが豊富と言われているブドウ品種は、カベルネ・ソーヴィニヨンテンプラニーリョネッビオーロなど。
赤身の魚には赤ワインがよく合います。

◆春の食材にオススメワイン4選


★Ange Blanc
(アンジュ・ブラン)

アンジュワイン

ハーブとレモンなどの柑橘系の香りがします。爽やかでキリっとした辛口の白ワイン。アスパラガス、菜の花とよく合います。

タイプ:白ワイン
産地:フランス 南西地方
ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%
価格:1,260円(税抜き)


★CHIANTARI Chardonnay
(キアンタリ・シャルドネ)

キアンタリ

洋梨の香りとボリュームのある果実味。しっかりした酸もありエレガントな白ワインに仕上がっています。タケノコやそら豆とよく合います。

タイプ:白ワイン
産地:イタリア シチリア
ブドウ品種:シャルドネ100%
価格:1,440円(税抜き)


★The Goatfather
(ザ・ゴートファーザー)

ザ・ゴートファーザー

カシスやチェリーの香りとほどよいタンニンとスパイシーさを感じます。ホタルイカのワタとこのワインのスパイシーさがマッチします。

タイプ:赤ワイン
産地:南アフリカ ウエスタン・ケープ
ブドウ品種:サンジョベーゼ50%、カベルネ・ソーヴィニヨン27%、バルベーラ14%、ネッビオーロ9%
価格:1,512円(税抜き)


★Venta Morales Organic
(ヴェンタ・モラレス オーガニック)

ヴェンタモラレス

ブラックベリーやブラックチェリーの香りとほんのりスパイスを感じます。果実味とほどよいタンニンを感じます。初ガツオとよく合います。

タイプ:赤ワイン
産地:スペイン カスティーリャ・ラ・マンチャ
ブドウ品種:テンプラニーリョ100%
価格:1,470円(税抜き)


いかがでしたでしょうか。
今回頭に入れていただきたいのは、以下の3つです。

①お昼飲みには、爽やかな白ワイン、軽めの赤ワイン、アルコール度数の低いワインがオススメ!
②菜の花、アスパラガス、山菜にはソーヴィニヨン・ブランを合わせること。
③ホタルイカや初ガツオには、タンニンの豊富な赤ワインを合わせること。

見た目にも色鮮やかな春野菜と栄養たっぷりな春の食材とワインと合わせて楽しんでみては。購入しやすい価格帯のワインばかりですので、家飲みでも使えますよ。

これから、このような具体的なシーンを通して、ワインの楽しみ方、そして何よりワインの美味しさをお伝えしていきたいと思います。


「『人生にスパイスを、毎日に発見を』マガジン」良かったらフォローしてください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
なんとっ!
5
出版社KKベストセラーズです。せっかくのnoteなので、ここでは雑誌や書籍はもちろん街金マンガから名店レシピまで…あらゆるコンテンツを魔球混じりに投げていきます。運営は弊社『一個人』編集部。どうぞご贔屓にm(__)m ■https://www.bestsellers.co.jp/