見出し画像

なぜ大麻が「ダメ。ゼッタイ」なのか?(『マリフアナ青春治療』著・工藤悠平より)

 書籍『マリフアナ青春治療』。著者は実業家、投資家として活躍している工藤悠平氏。この本は常識と価値観を揺さぶる彼の人生と学び、そして社会に対する疑問を綴った書籍となっている。
 早大大学院会計研究科修了、公認会計士試験直前。頸椎ヘルニアが突如発症!死ぬほどの激痛に悶え苦しむことに。そして、人生は大きく変わった―
 世界で進む大麻合法化の波。日本ではなぜ医療用大麻の解禁はなされないのか。
 頸椎ヘルニアの治療薬として日本の病院で処方されるのは、今やアメリカでは悪名高き、副作用の多い大量の薬だった。服用し続けるもいっこうに治らず。頸椎ヘルニアの激痛はぶり返すばかり。そこで著者が偶然見つけたのが、海外では合法で行われている医療系大麻治療の案内サイト。
 著者はただただ死にたくなるほどの激痛から逃れるため、ロサンゼルス、シアトル、バクーバーへと大麻治療の旅に出た……。中毒性の高い痛み止め薬の日本か? 医療用大麻合法の海外移住か? 日本の非常識は海外の常識、海外の常識は日本の非常識だった!

町山智浩(コラムニスト)絶賛推薦!!
「著者は病を癒やすために大麻にたどりつき、大麻が合法なカナダへの移住を決断する。本書は日本人の大麻恐怖症への治療薬だ。」

『マリフアナ青春治療』の一部を少しだけ公開。興味を持った方はぜひ一読してください。

はじめに

 近年、何げなく生活をしていても「医療大麻」や「大麻」「マリフアナ」という言葉を聞くことが多くなってきたのではないだろうか。日本においてはなぜかタブー視され続けてきた大麻だが、ふと海外に目を向けると信じられないほどのスピードで合法化しつつある。そういった背景から、一つの興味の対象としての存在感も増してきているのであろう。

 とりわけ薬物に対して厳格に法規制する日本においては、依然として大麻について軽々しく話題にすることすら許されないかのような雰囲気がある。
それでもなお、報道や、こっそり人伝に聞く大麻についての様々な話題によって、さらに大麻の存在感は増してきているように思う。しかしながら、これほどまでに発達した情報化社会においても、大麻については満足のいくだけの情報に出合える機会は少ないのが現状である。

 僕が体調を崩したことから、藁にもすがる思いで大麻について調べていたところ、どうやら大麻が様々な病気に効くらしいということは簡単に調べがつくのだが、実際に大麻を用いた療法を行うことで、どのような生活を送ることになるのかについては、なかなか満足できるほどの情報を手に入れることができなかった。難しい学術的な本や、インターネット上の断片的な体験談程度の情報しか手に入らなかったのだ。

 そこで、本書では大麻に対する難しい話はできる限り省き、僕の身の回りに起きた実際の生活や体験を中心に簡単なエッセイとしてまとめることにした。

✦大麻を使用するとどうなるのか
✦日常的に使用した場合、生活にどのような影響が出るのか
✦常習的に使用していた人が突然やめるとどうなるのか
✦外国の人々はどのように大麻と向き合っているのか
✦実際に大麻で病を緩和することが本当に可能なのか

 などをできる限り実体験をもとに書くことで、日本においての大麻に対する誤解を少しでも解くことに主眼を置いて執筆した。

 現在何らかの健康不安を感じており、一つの望みとして大麻にすがりたいと思われている方々に対しても何らかの知識や希望を提供できれば本望である。

 大麻に関しては医療分野における研究のほか、単純に嗜好品としての新たな市場としても、欧米ではかなりの盛り上がりを見せている。この盛り上がりは「グリーンラッシュ」と呼ばれ、一大ムーブメントを生み出しているのだ。このムーブメントは2019年に入ってもなおとどまることなく、徐々にアジアにまでも進出してきている。この点についても、北米で大麻がどのような市場を生み出しているのか、実際に大麻が解禁されたときにそこに住む人々にどのような変化が起きるのか、などについても考える機会を提供できればと願っている。

 これまでは「ダメ。ゼッタイ」の一言で片付け、それ以上の話題には触れようともしなかった方々が大勢だろうが、まさに今その認識が変わろうとしている、もしくは変わらなければいけないように思う。僕自身も、まさか自分がたまたま患った病に大麻が効くなんて夢にも思っていなかったし、違法薬物に手を出す人が何を考えているかすら、気に留めたこともなかった。ましてや、大麻の医学的利用が日本において許されないということすら知らなかったのだ。このようなところから、どのように大麻に対しての意識が変わっていったのかについても、読者の皆さまに楽しんでいただければと思う。

 なぜ大麻が「ダメ。ゼッタイ」なのかをもう一度考えていただき、大麻取締法とは何なのか、本当に大麻が悪なのかを再確認していただけたらと願っている。

工藤悠平(くどう・ゆうへい)
1986年生まれ。青森県むつ市出身。実業家。投資家。
早稲田大学大学院会計研究科(英文学位: MBA)
修了後、事業再生コンサルタントを
経てカナダへ移住。カナダ政府、難民保護課勤務
『マリフアナ青春治療』が初著書。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アナタイイヒトデスネ!
6
出版社KKベストセラーズです。ここでは「本」だけではなく、私たちがお届けできる様々なコンテンツを魔球混じりに投げていきますので「良い!」と思う記事があったらぜひ「良い!」と言ってください。どうぞご贔屓にm(__)m■ https://www.kk-bestsellers.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。